ユーザー様の声③

お客様の声③

milestoneをご利用いただいている社長様と経理担当者様にインタビューをさせていただきました。
※資金管理はセンシティブな内容であるため、企業名や個人名の公表は控えさせていただきます。

milestoneを選んだ理由

【社長様】
もともと資金繰り管理は行なっておらず、銀行や顧問の税理士さんから資金繰り表を作成するよう、言われていました。

私自身も、どのぐらいの支払いがあって、いつ資金が底つきてしまうのかを定期的に把握した方がいいと思い、どういうお金が出ていってどういうお金が入ってくるのか細かい情報を知るために、資金繰り管理システムを探しはじめました。

資金繰り管理システムを探すときは、クラウドであること入力がしやすいこと、そして見やすさを重視しました。
milestoneはクラウドシステムで資金繰り管理に特化しており、入力がしやすそうだったことや、インターフェースも見やすいことからmilestoneが良いなと思いました。

色々な機能が付いている中のひとつとして資金繰り管理の機能がある製品は多いですが、機能が多い分コストも高くなります。売上の管理は別のシステムを使ってすでに運用しているため、コストを抑えて必要な機能(資金繰り管理)のみを利用したかったためmilestoneを選びました。

具体的な使い方

【経理担当者様】
ログインするとホームにグラフが表示されているため、今後の予想(いつまでに資金移動しなければならないのか)が見えるので助かっています。

資金移動の情報入力は、資金移動を行なっている経理担当者で行い、社長は閲覧者として利用しています。

月初は残高調整機能を使っています。残高調整後の再計算された資金繰り表を見て、いつ入金があって出金があるのかをみています。
他の業務で忙しく、経理担当者も少ないため、残高調整で一旦通帳の残高とmilestoneの残高を合わせてから先の予定を見ています。

今までは、他の業務でバタバタしていると資金移動を忘れてしまい、銀行から残高不足の連絡がきてしまうこともありましたが、milestoneを利用してからは資金移動がいつ必要になるかがわかるため、解決に繋がりました。

入金管理は別のシステムで行なっていますが、milestoneにも概算で入金の予定を登録しています。良い(悪い)方向にすすみそうなら修正し、可視化しています。

業務で忙しく「未確定→確定」のステータスの更新ができないことがありますが、取引の登録は行なっているので、通知がくることで今後の取引の予定を把握できています。

【社長様】
自分が見たいときにmilestoneにログインすれば、いつでも資金繰り表を確認できるのが良いです。口座ごとの日次資金繰り表を見れるので助かっています。

会計ソフトとの使い分け

【経理担当者様】
こまかい内容は会計ソフトに入力していますが、詳細を確認する場合は色々なところを見なければなりませんので、大まかなお金の流れはmilestoneで確認しています。

お金の動きを見る上では、milestoneは社長に共有しやすく、グラフもあるのでわかりやすいです。

資金の管理面で変化・改善した点

【経理担当者様】
資金移動をしなければならないことはわかっていますが「いつまでに」というのが、他の業務でバタバタしていると忘れがちです。
milestoneを使ってからは、ログインすればいつどの口座の資金がなくなるかがホーム画面に表示されるので、資金移動漏れが改善されました。

また、資金の状況をリアルタイムで共有できるため、社長に資金状況を都度報告することなく「milestoneを見ておいてください」と言う感じで、簡単に資金繰り表を共有できるので、ラクになりました。

インタビューを終えて

この度はお忙しい中インタビューにご協力くださいました社長様、経理担当者様に深くお礼申し上げます。

milestoneを利用してから、社長様自ら積極的にログインして閲覧してくださっているとのこと、大変嬉しく思いました。

直近の実残高に置き換えた上で再計算された資金繰り表を確認できる残高調整機能特許を取得しており、milestone独自の機能となります。
他の業務で忙しく、こまかい入出金まで追えない場合、残高調整機能で資金繰り表を簡単に更新できます。

milestoneは簿記の知識を必要としないため、どなたでも簡単に利用でき、会計が苦手な方でもお金の動きを把握できます。

私たちは、 経営者が積極的に資金の動きを確認し、的確に資金予測をしてより良い経営判断をしていただきたいという想いがあります。

今後とも快適にご利用いただけるよう努めてまいります。